Q&A

Q: 映画ですか?
A: 『HIRUKO』『double』は映画ではなく、アートとしての映像作品という位置づけです。通常映画館で観れる映画の様な、ストーリーがありカット割りがあり…という作りではないので、その意味でもご期待ください。

Q: 上映時間はどのくらいですか?
A: 映像は約45分を予定しています。その後にアフタートークを行いますが、こちらはご都合に合わせて自由にご退席いただいて構いません。

Q: 子供でも観れますか?
A: ご覧頂くことは可能ですが、ディープな作品ですのでお子様には少々刺激が強いかもしれません。観客の皆様と共に空間を創り上げる繊細なアート作品という側面もあるので、その辺りを保護者の方で総合的にご判断ください。

Q: アフタートークはどういったものになりますか?
A: 『HIRUKO』『double』の監督である飯田将茂、主演 最上和子と各回のゲストがそれぞれに設定したテーマをもとに、作品に関するお話や「もうひとつの身体」という上映会全体のテーマについて掘り下げていきます。MCはHIRUKO制作委員会の出津彩子が務めます。

Q: 怖がりな人でも大丈夫ですか?
A: 暗闇と静寂が極端に怖い方でなければ問題ないと思います。全体的にダークな雰囲気ではありますが、その中にある奥深さ、神聖さの様なものを感じ取ってもらえればと考え、製作しています。

Q: ホラー映像ですか?
A: ホラーとしての要素は一切ありません。ただ、『HIRUKO』に関しては、とある小さな生き物の死をきっかけに『死と生の儀礼(儀式)』が映し出されるので、怖いと感じる方も中にはいらっしゃるかもしれません。

Q: グロテスクな表現はありますか?
A: そういった表現は一切ありません。

Q: 耳が弱いのですが、爆音はしますか?
A: 爆発音的なものは入っていませんが、『HIRUKO』に関しては、一部和太鼓の音等大きな音は入ってますのでお気を付けください。『double』に関しては、終盤に大きな音が続く演出がありますのでお気を付けください。両作品とも5.1chでご覧いただきますので、音の方も非常にリアルに聞こえますので、作品の一部としてお楽しみください。

Q: ドーム映像とは何ですか?
A: 最新のプラネタリウムは一昔前の星のみしか映せなかったものから進化していて、今回の『HIRUKO』や『double』の様な映像も上映できるようになっています。特徴として、スクリーンがドーム上に視聴者を覆う為、平面映像ではなし得ない没入感溢れる空間を表現することが出来ます。

Q: プラネタリウムで酔った経験があるのですが、大丈夫ですか?
A: 空間全体の没入間が高すぎる弊害として、酔いやすい方は空間酔いを起こしやすい模様です。両作品とも、大きく速く“空間を動かす”様な描写はほとんど無い為、酔いは少ないかと思いますが、酔いやすい方は念のためなるべく後方の座席をおすすめします。

Q: 臨場感・没入感を楽しみたいのですが、どの辺りの席が良いですか?
A: 会場の中心付近がより一層臨場感高く作品をお楽しみいただけます。反対に、後方になればなるほど落ち着いてご覧頂くことが出来ます。なお、全席自由席となりますので、ご希望の席が取れない場合もありますのでその点はご了承ください。

Q: 舞踏とは何ですか?
A: 1960年代に生まれたジャンルで、一般的には西洋舞踊の真似ではない真に日本的な身体操作、身体表現の創生を目指していると言われています。上映する両作品の主演であり、作品のキーとなっている最上和子の舞いは、これまでの舞踏家が行ってきた舞踏とは一線を画しており、よりアニミズムやシャーマニズム的な原初性を追い求めたものです。興味がある方は是非『身体のリアル(KADOKAWA)』を読んでみてください。

Q: プラネタリウムの感染症対策はどのようになっていますか?
A: ガイドラインにもとづき座席数を減らしての上映となります。上映中は皆さまにマスクをご着用いただき、約40分の上映後のトークショーは換気をしたまま行います。また、映像作品の特性上、ステージに近い前方の席は使用致しません。

その他、プラネタリウムでの感染症対策についてはこちらをご覧下さい。
新型コロナウイルス感染予防のための取り組みとお客様へのお願い


>>トップページへ戻る


masashige iida

Copyright © 2018 Masashige Iida & Kazuko Mogami All rights reserved.